食品により歯は溶けてしまいます…特に酢と炭酸飲料に注意!

院長の渡邊です。
皆様、酸蝕症をご存知でしょうか?
酸性の強いものを食べたり飲んだりすると、歯が溶けてしまうのです。これが酸蝕症です。
健康のために酢を毎日飲んでる方や、コーラをなど炭酸飲料を毎日のむ習慣がある方は注意が必要です。レモンなどの柑橘類でも歯が溶けます。

酸蝕症になると、エナメル質が溶けてしまうので、その下の象牙質が露出してきます。そうなると歯がしみたり、虫歯になりやすくなったり、歯の形態も変わるので、見た目が悪くなったりします。
下の写真は、酸蝕症の歯の写真です。
 酸蝕症

この写真をみて思い当たる方はご相談ください。

下の写真は酢とコーラに24時間浸漬した歯の写真です。
酢の方ほ、歯表面が白くなっているのがわかります。
コーラの方はも歯の表面が溶け柔らかくなり、剥がれてきて、さらにコーラの色が歯の表面にこびりついてしまっているのがわかります。
このように、食品によっては歯が溶けてしまいますので、毎日の生活習慣にご注意下さい。酸蝕症
院長 渡邊

わたなべ歯科クリニック
桐生市相生町5-589-3
0277-52-9955
www.wwww.dental

予約方法

Reservation

お電話での予約をご利用ください。

予約制

0277-52-9955

診療日

祝祭日
× ×

※木曜も受診可能になりました。

診療受付時間

9:00-12:30,15:00-18:00

ご予約いただいた患者様を優先いたします。

※木曜も受診可能になりました。

ご予約いただいた患者様を優先いたします。

初めての方へお願い

新患・急患は随時受付しておりますが、
初めてご来院する際は、できる限りお電話にてご予約ください。
※初診の最終受付は午前12:00、午後6:00となります。

当院は完全予約制・予約優先治療制です

当院では丁寧かつ円滑な治療を行うために、
予約制を導入しております。